水商売 カードローン

MENU

水商売でも大丈夫?

キャバ嬢やホスト、風俗嬢といった水商売の方ってお金が必要な事って結構多いですよね。付き合いが非常に大事な世界ですし、自分自身をキレイにしておくにはどうしてもお金がかかります。

 

なので、給料だけではどうしてもお金が足りないということもあるかと思います。給料日前などはどうしてもきついですもんね。そういったときにカードローンを利用してお金を借りたいと思いますよね。

水商売で働く人

 

ただ、仕事的に水商売の人ってカードローンなどの審査に通るのか疑問の人も多いかと思います。

 

実際のところどうかと言うと「水商売の方も大丈夫!」です。

 

働いていないことにして税金を払わずに給与を払っているような悪質な店に勤めている場合だと難しいかもしれませんが、ちゃんと働いていて税金を支払って給与を払っているようなお店なら大丈夫です。

 

あまりにも高額の融資は難しいかもしれませんけどね。とりあえず、カードローンの審査に申し込んでみるといいでしょう。

 

カードローンもたくさんあって、どれを利用すればいいのかわからないと思いますので、今お金を借りるのにお勧めできるカードローン会社をいかに紹介しておきますね。

 

審査に関してはAという会社で落ちたからと言って、Bという会社も落ちるというわけではありません。審査基準とは、各カードローン会社によって違いますので。なので、最初に申し込んだところの審査に落ちた方も、他の会社でチャレンジしてみるといいですよ。

 

おすすめのカードローン

アコム

アコム
水商売の方にまずおすすめしたいのがアコムです。アコムは借り手側に非常に評判のいい会社です。急いでお金が必要な場合は、最短ですとその日のうちにいつもの銀行口座に振り込んでもらえますし、キャッシングカードはクレジットカード機能付きのACマスターカードにすることもできます。

 

≫アコムの詳細はこちら

 

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン
お金を借りるのなら銀行から借りるのが安心できるという方は、みずほ銀行カードローンがいいでしょう。日本中誰もが知っている超大手銀行ですから安心感抜群で、初めてお金を借りるという水商売の方も安心して利用できると思います。

 

≫みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

プロミスレディースキャッシング

プロミスレディースキャッシング
プロミスレディースキャッシングは、対応するスタッフがすべて女性で構成されている女性専用ローンです。男性に対応されたら女性の方はちょっとビビッてしまいますから、プロミスレディースキャッシングなら安心ですよ。

 

≫プロミスレディースキャッシングの詳細はこちら

 

 

カードローンについて

カードローンでお金を借りるということを聞くと、なんだか怖いイメージというか、悪いことをしているようなイメージを持つ人もいるかと思います。お金を借りることは悪いことだって子供のころから教わってきたのでしょうがないと思いますが。

 

ただ、家を買うときに利用する住宅ローンもお金を借りているのです。住宅ローンはよくて生活費や趣味などに使うカードローンは悪いというのはよく分かりませんよね。
住宅ローンにしても支払えなくなって自己破産してしまう人というのもたくさんいますから。

 

結局のところ、「計画的に利用していない。」というのが悪いという訳です。計画的に利用していけばカードローンは非常に便利なものですからね。

 

私もカードローンはしょっちゅう利用していますが、ちゃんと返済できる範囲で計画的に利用しているので、何か大変なことが怒ったということはありません。

 

超お金持ちでもない限り、生活していてお金が足りないということはどうしてもあることですからね。冠婚葬祭が重なったり、旅行に急に行くことになったりと。

 

あと、カードローンを利用する際は必ず怪しい業者から借りるのではなく、上記に紹介しているような大手で安心できる企業から借りるようにしてください。いまだに、悪徳業者や闇金融ははびこっていますからね。

 

悪徳業者や闇金融でお金を借りてしまっては、あとあと大変なことになってしまいます。
このあたりの注意点を守って、計画的に利用してください。

 

 

私の水商売体験談

学生時代の一人暮らし生活のため

 

大学自体にスナックでアルバイトをしていました。地方のスナックでしたのでお給料は安かったですが、コンビニや居酒屋などのアルバイトに比べるとお給料はとても良かったです。

 

大学で一人暮らしを始めましたが、昼間はアルバイトはもちろんできませんし、生活費や教材にかかるお金、友達との飲み会にかかるお金を稼ぐにはスナックで働くのが一番早いと思い始めました。

 

お店は仲の良い友達が数名アルバイトをしているお店に決めましたので特に不安はなく、楽しくアルバイトをしていました。

 

ただ、お酒を飲まなければならない仕事ですので、飲みすぎて身体に負担がかかることはありましたし、次の日の授業に出られないこともありました。

 

そのため、アルバイトを始めてからしばらく経つと欠席してしまう授業が多くなり、単位を落としてしまいました。これでは本末転倒だ、と思いアルバイトの日数を減らし、お酒もセーブしたり、1時まで営業のところ、12時であげてもらうこともありました。

 

楽しくアルバイトをしている一方、学生であることを忘れている自分に焦りと苛立ちを感じていました。

 

また、田舎のスナックであったため、昼間にお客様とばったり会うこともしばしばありました。道を歩いていたら、友達と飲みに行ったら、などなかなか落ち着けず、ゆっくり過ごしたいのに気を使わなければいけない状況にだんだんと嫌気がさしてきました。

 

その後彼ができ、学業にも専念しなければならない、という理由からアルバイトを辞めました。
水商売は楽しく良い面もありますが、昼間の自分の時間を阻害されてしまうのは嫌な面なのかもしれないなと思いました。


 

 

ガールズバーでの接客

 

10代の頃、吉祥寺のガールズバーで働いていました。
働き出したきっかけは、アルバイト情報誌で見つけた「バーでのピアノ演奏」のアルバイトに募集したことがきっかけでした。

 

カフェバーとの募集だったのですが、実際はガールズバーで面接の際、接客もしてほしいと言われ、ピアノを弾くかたわら、接客にも入るようになりました。

 

業務内容としては、主にカウンター越しにお客様を相手にお酒を作ったりお話の相手をすることでした。

 

テーブル席もあったのですがそこにはほとんど入ることはなくカウンターでの接客がメインでしたが、経営者の知り合いのお客が来た時などはテーブル席に入ることをすすめられることもあり嫌な思いをすることもありました。

 

それでも、全体的にはお酒を飲んで話しながらお給料がもらえるということでなかなか楽しく働いていました。
なじみのお客さんと仲良くなると、プライベートでもグループで飲みに行ったり遊びに出掛けたりと楽しいこともありました。

 

基本的にお酒に強いほうではないので、飲みすぎてフラフラになってしまうこともあったり、お客さんにお酒をすすめられすぎたりと、お酒の飲み方を覚える場でもありました。

 

年配のお客などは、べたべたされて嫌な思いをすることもありましたがそんな時は、スタッフと愚痴を言いあってストレス解消をしていました。

 

たまに、系列のバーへヘルプに行くこともあったのですが、いかにも「スナック」といった雰囲気の店だったり、キャバクラのような雰囲気の店だったりとあまり気がすすまないことでした。

 

他のアルバイトを見つけたのをきっかけにやめましたが、全体的には楽しく働いていたように思います。


 

 

セクキャバで働いていました

 

セクキャバ(いわゆるおっパブ)で働いていました。
働いたきっかけは即金でそこそこの金額がほしかったからです。

 

仕事の内容としては、完全な肉体労働です。まず、お客様につく前にモンダミンをします。
これはお水なら当たり前ですけど、セクキャバの場合はお客様とキスをするため、結構念入りにします。

 

そして、アルコール消毒をしたおしぼりでバストを拭きます。
これはもちろん、お客様にバストを手や口でもてあそんでいただくためです。

 

この2点の繰り返しで、帰るころにはモンダミンのミントの香りとアルコール消毒の香りに包まれ、さらにバストの部分は肌荒れしています。

 

ドリンクのバックなども一応はありますが、私の働いていたお店ではお酒を口にするタイミングがあまりないので、ひたすらお客様に甘えまくり、延長をしていただくことで収入を増やしてました。

 

私はもともと貞操観念がかなりゆるいほうなので、ちょっと頑張れば普通のお水よりもお金になるならそれでいいと思っていましたが、お店の子の中には「彼氏には普通のキャバクラで働いてるって言ってる」「やっぱりセクキャバだと幻滅されそうで」という子も結構いました。

 

確かに、不特定多数の男性の膝に乗って、体に触らせて楽しんでいただくっていうのは、彼氏には言いにくいことではあると思いますが、その辺がうまくわりきることができる人であれば、一般的なお水に比べたらおしゃべりをする必要もまったくないので、むしろ働きやすいのではないかと思います。


 

 

ほんの少し体験した夜の世界

 

東京に就職のため出てきて半年後、軽い気持ちで水商売の道に踏み出しました。
隣に座る居酒屋くらいでしょ?そんな軽い気持ちで近所のニュークラブの面接を受けました。

 

お店の人は思ったよりもずっと普通で、ずっとやさしく、それまでの怖いイメージを一気に拭い去ってくれました。
そんな中で今でも忘れることのできない人との出会いがありました。

 

私が勤めることになったニュークラブの店長のTさんです。
Tさんは一見ちょっとチャラそうなお兄さんでした。

 

もともと、ホストクラブで勤務していたようでキャスト目線でのアドバイスをしてくれました。
時には厳しく、時にはやさしく。今思い返しても理想の上司です(笑)

 

仕事内容はもともとアルコールの苦手な私にはすこし大変でしたがお客さんには内緒でソフトドリンクに変えたりしてなんとか働いていました。

 

お給料はそれまで会社からもらっていたお給料とはくらべものにはならない金額で少し驚いたことを覚えています。
金銭感覚が狂いそうになることもありましたが、幼いころから質素倹約の教育を両親から受けてきたためか、何とか踏みとどまりました。

 

お店にくるお客さんは本当に普通な人が多かったですが、お酒によって理性が崩れかけた人も多く体を触ろうとして来たり、ホテルに誘ってくる人、家の場所を探ってくる人など様々な人がいましたがその都度いろんな言い回しでお断りしてきたことは今でも役立っています。

 

いつしか、無理をしてお酒を飲むこと、夜に行動することに疲れてお店を辞め結婚して主婦として暮らしていますが、一時でも水商売に身を置いたことは後悔していません。


 

 

実は水商売は頭が良くないと出来ない

 

私は大学生の頃、一人暮らしをしていました。

 

親からの仕送りとコンビニでアルバイトをして生計を立てていたのですが、大学2年の頃、友人たちと夏休みにハワイ旅行に行くことになったんです。

 

旅費を稼ぎたかった私は、生まれて始めてキャバクラのバイトをする決意をしました。

 

大学の友人と一緒にとあるキャバクラでバイトを始めたのですが、お店に入るとソファがあって、ボーイさんに呼ばれるまでそこで女の子は待機していました。

 

待機中にまず感じたのは、スタッフの女の子たちの仲の悪さです。

 

派閥みたいなものがいくつかあって、私と友人は特にどの派閥に入るわけでもなかったので、とにかく気を使いました。
マンガやドラマで見たように、女同士の戦いというか、妬みや嫉妬が渦巻いているのは本当なんだなぁと思いました。

 

そしていざ接客をしてみると、何を話したらいいか分からないのです。
挨拶は出来ても、初対面の人との会話はそれはとても難しくて、しかも相手を楽しませなくてはなりません。

 

年代も様々、趣味や仕事も様々です。話しかけても答えてくれない人もいましたし、いかにもつまらなそうにされたこともありました。私たちは適当に話すだけと軽く考えていましたが、とんでもなく難しかったですよ。

 

ナンバーワンのキャバクラ嬢とは、実はすごく相手を見ていて相手に合わせて話が出来るスキルが高いと側で見ていて感心しました。お酒を作るにも絶妙なタイミングがありましたし、水商売を続けている人を尊敬しました。

 

水商売を少し蔑んで見ていた部分がありましたが、自分が体験してみてバカでは出来ないと分かりました。